トランジット

牡牛座のシーズンは物質的執着を手放す準備

牡牛座というサインは自分に備わった資質を活かしてお金を稼ぎ
自分が使う物(道具など)に強いこだわりを持ち
美しい物、心地良い物を愛するサインです
五感が鋭く、牡牛座の選んだ物というのは食べ物、アロマ
寝具、使っている道具など信頼出来るものばかりです

例えば、太陽、水星、金星に牡牛座を持つヒカキンさんは仕事道具には一流のものを使うと決めているそうです
「録れればなんでもいい」ではなくそこは牡牛座のトップユーチューバーらしく良い音質を求めて物質へのこだわりの強さを感じます




2020年は
地の時代が終わる年
天王星が牡牛座
土星が水瓶座
どれも今年だけではなく来年も再来年も続いていきます



風の時代に入ったら益々世界のデジタル化を感じることになるでしょう
現在のように未知のウイルスが蔓延している世界ならば働き手はロボットになります
この先の未来では
ロボットが主人の代わりに買い物へ行ったり、大事な用事を済ませてくることもあるかもしれません

病院で働くロボットも増えるかもしれません
感染症が流行っているときはウイルスに汚染されないロボットが活躍します


2020年でも既に拡声器とカメラを搭載したドローンが市内を飛び回り
ロックダウン中に不要な外出をしてる人がいないかを監視している国があります

この先はこれまでのように大量に生産し、消費する経済活動はされなくなるのではないかと思います
天王星が牡牛座に入ったことでその傾向が強まると考えています

物質から非物質へ


土星水瓶座時代も2021年から本格的に始まります

そのためのレッスンとして牡牛座の物質的な執着が過剰であるならば
このシーズンに手放すことを意識されてみるのも良いかもしれません

水瓶座は牡牛座に物質的執着から解放されることを教えてくれます

その時に強い葛藤があるかもしれません

自分の出来る範囲で少しずつ行ってみることもポイントです


土星が水瓶座に数ヶ月間だけ滞在し、牡牛座の太陽としばらくスクエアを形成していましたので課題のひとつとして考えてみても良いと思います







ビジネスパートナーをアスペクトで選ぶなら?前のページ

木星土星グレートコンジャンクション時代は20年ごとに変わる次のページ

関連記事

  1. トランジット

    水瓶座の新月→引越しを決めた人のホロスコープ

    水瓶座の新月を過ぎて立て続けに引越しの報告が二件ありました引…

  2. トランジット

    2月21日水星逆行終了→全惑星順行期間へ

    2月21日9:48 水星逆行終了水星逆行の始まりと終わりは「留」の状…

  3. トランジット

    今週の星のながれ

    7月22日 金星 乙女座へ   太陽 獅子座へ7月24日 1度目の水…

  4. トランジット

    水瓶座の新月【アスペクト】おさえておきたい3つのポイント

    新月は新しいサイクルの始まりです泣いても笑っても前のサイクルは終了し…

  5. トランジット

    8月の星のながれ

    8月8日 獅子座の新月8月12日 水星乙女座へ8月16日 蠍座 上弦…

Category

PAGE TOP