トランジット

【山羊座で金星-火星が合】大流行するものとは?

2022年2月に強調されるアスペクトのひとつが
金星-火星(山羊座)のコンジャンクションです

金星は昨年の11月からもう随分長いこと山羊座に滞在しており
火星も1月に山羊座へ移りました

そして2月は山羊座で金星-火星コンジャンクション月間とも言えるほど
長くアスペクトが続いております

このピークを迎えるのは来月の魚座の新月でこの頃には金星-火星-冥王星が山羊座で重なる配置となっています


金星-火星 のアスペクトは流行に関係します

「この配置を形成するときどんなものがブームになるのだろう?」と2022年のトランジットのながれを読んでいたときに思っていました

このタイミングで開始されたのがオリンピックです

中国では北京五輪の公式マスコット「ビンドゥンドゥン」が爆売れしています

現地入りしている織田信成さんはビンドゥンを購入するために4時間半も並んだそうです
彼の報告で「え!そんなに人気なんだ!?」と感じた方もいるかもしれません

4時間半どころか、市民が手にするためにはそう簡単にはいかないようで、徹夜で並ぶ人達もいるようです
その他には「買えないので髪型をビンドゥンにしてみた」という者や買いたくても買えない人の歌が出てきたりと皆が欲しがっているようです

日本では販売されていないので中国の転売ヤーの標的となり、フリマサイトなどで数千円のぬいぐるみが1万〜2万円くらいで取引されている状況です


昨日は羽生選手がパンダ帽子を被る姿が話題となり「ゆづドゥンドゥン」がトレンド入りしていましたので日本でも認知されていくかもしれません


このマスコットを製造している工場に取材に行った番組では工場に勤務する人の数を倍に増やして稼働させても生産が追いつかないほどの人気に我々も驚いている というようなことを言っていました

春節の正月休み返上でフル稼働しているそうです

山羊座はビジネスに関係するサインなので商魂たくましさを感じるような世間のブームを目の当たりにすることがあるかもしれません


今回の北京五輪のマスコット人気もそのひとつです

製造工場は「今年の6月まで生産を続ける!」と宣言していました

ちなみに東京五輪のマスコットグッズも北京五輪の開催にあわせて
「あの感動をもう一度!」というポップと共に販売されています



これからこの金星-火星のコンジャンクションに冥王星も重なるので、この波に乗れることが出来ればこういった大ブームが巻き起こることもあるかもしれません


2021年と2022年の春分図・夏至図・秋分図・冬至図を比較しています

「2022年のトランジット講座」始まりました



現在募集中の講座

▷ソーラーアークオンライン講座  
▷占星術中級プログレスオンライン講座
▷サビアンシンボルオンライン講座

お好きな時間にスマホからでも受講可能です



関連記事

  1. トランジット

    2020年12月▷地の時代から風の時代へ

    2020年12月22日▷地の時代→風の時代へ 2020.12…

  2. トランジット

    2022年のキーワード/時代の大転換期 年表

    あけましておめでとうございます。今年もゆらひらり占星…

  3. トランジット

    次の切り替わりは6月21日

    通常の新月・満月と違って蝕を伴う新月・満月は約半年間影響があります2…

  4. トランジット

    15日:月は牡牛座へ16日〜メンタルの再生と癒し

    台風19号の被害に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げます1日も早い…

  5. トランジット

    1.8-3.5 全惑星順行期間

    全惑星順行期間 ①の終了1月から…

  6. トランジット

    2019年に起きた台風のホロスコープと今、備えておくことの必要性

    この度の豪雨による被害に遭われた地域・世帯の皆様に心よりお見舞い申し…

  1. 金星

    金星双子座へ▷2020年4月4日-8月8日まで
  2. 新月・上弦・満月・下弦

    2021年11月19日牡牛座の満月(部分月食)
  3. 12サイン

    射手座
  4. YouTube

    3月3日魚座の新月「ここから新たな一ヶ月が始まる」
  5. 四季図

    2020年9月22日秋分図リーディング
PAGE TOP