トランジット

11月の星のながれ

11月5日  蠍座 新月 金星 山羊座へ

11月6日  水星 蠍座へ

11月11日 水瓶座 上弦の月

11月19日 牡牛座 満月(部分月食)

11月22日 太陽 射手座へ

11月25日 水星 射手座へ

11月27日 乙女座 下弦の月


毎月、月初めにその月の天体の動きを書いていますが、11月の8項目に対して10月は11項目ありました
その内、4項目が逆行終了に関することでした
11月は惑星の逆行に関するお知らせはありませんが、ハードアスペクトが幾つか形成されます

太陽蠍座シーズンで重要なポイントは不動宮サインにある影響力のある天体と
ハードアスペクトを形成するタイミングになります

太陽、火星と不動宮サインでのハードアスペクトが形成される時期がやってきます


見直し・調整のタイミングで気になるのは11月11日付近です

11月5日 蠍座の新月
太陽、月-天王星オポジション
蠍座の新月は天王星がハードアスペクトします
離反 手放し 変化 突発的な出来事 など天王星の表す事柄が強調される新月


天王星は地震を象徴する天体でもありますので、災害に備えることの大切さを意識するような地震が起きることもあります


11月11日21:46 水瓶座 上弦の月

この上弦の月近辺では火星の動きに注目です
水星-火星コンジャンクション
火星- 土星スクエア
火星-天王星オポジション

突発的な出来事によって行動制限が生じたり予期せぬ変化が起こる可能性も考えられます

行動に制限がかかる 中断される 停止 など

ガソリンの高騰、電力不足など

ハードアスペクトの赤で埋め尽くされています↓

私たちの「行動」に関する火星も制限をかけられたり、突発的な変化を起こす
天王星とのアスペクトが形成されています
生活に関わることでハードな課題が提示されることがあるかもしれません

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_5071-1024x912.jpg


「重要な切り替わりのタイミング」
11月5日6:15 蠍座の新月

新月:蠍座12度

5ハウスからスタートした天秤座の新月ですが、それもここで終わりを迎えます

天秤座の新月以降、観光地に人が戻ってくるようになり、厳しい規制が緩和されていきました

イベントを表すハウスだけあり、Go toに似た観光促進キャンペーンが全国各地で開催されました

蠍座の新月は切り替わりのタイミングです

これまでの1ヶ月が終わり、新たな1ヶ月がスタートするとき

新たな種を蒔く チャレンジをする

ここからどんなことをスタートさせていきますか?

新月はAscにピッタリと重なっています

その向かいのDscには天王星がタイトにコンジャンクション

このラインは私とあなた

自分と他者を表す場所になります

人間関係がガラリと変わる

ハウスに関しては日本だけに限ることです

▷人員の整理を行う

▷これまでの担当者が離れる

▷新しい関係が結ばれる

離反なども起こりやすくなります

不動宮サイン12度付近に天体がある人はこの新月と天王星とタイトにハードアスペクトを形成しますので自分の出生図のどのハウスで起こるのか確認すると良いと思います


11月11日21:46 水瓶座 上弦の月

太陽:蠍座19度 水瓶座19度

上弦の月:新月から満月に向かう途中に太陽と月が90度を形成します
新月に蒔いた種を伸ばしていく中で起こりますのでここで一度立ち止まり見直しをしていきます


太陽が見ている方向と月が見ている方向が相容れぬ位置にあるので迷いや葛藤が生まれやすい時です
ここでしっかりとどうすべきか考えきちんと向き合うことが大切となります

調整の日です

この日は日付が変わってから月-水星、火星スクエア、月-土星コンジャンクション、水星-土星スクエア、火星-土星スクエア、月-天王星スクエアが形成されるハードな日です

何も起こらないことを願いたいですが、これだけハードな配置が1日の中で続く日もめずらしいです


この上弦の月近辺では火星の動きに注目です
水星-火星コンジャンクション
火星- 土星スクエア
火星-天王星オポジション

突発的な出来事によって行動制限が生じたり予期せぬ変化が起こる可能性も考えられます

行動に制限がかかる 中断される 停止 など

いざというときの為に備えは万全に

持ち運び可能なソーラーパネルやポータブル電源などもひとつあると
便利です


蠍座の新月は天王星がハードアスペクトしていましたが、この上弦の月では月と木星が重なります

太陽は海王星とトライン、冥王星とセクスタイルを形成し理想的なビジョンを叶えるための力を発揮することが出来るとき

太陽はこの見直しが終わると視界が開けたように良好になっていきます

満月に向かって理想を膨らませていくようなイメージです

11月19日17:57 牡牛座の満月(部分月食)

太陽:蠍座27度 月:牡牛座27度

来年の1月にドラゴンヘッドが双子座から牡牛座へ移りますので
この満月ではヘッドが双子座の1度の場所にあります

そうなると牡牛座、蠍座の最終度数で起こる今回の満月のような配置では部分月食が起こったりします

満月と木星がTスクエア 関心の方向が広がっていきそうな配置です


国民を表す月が12ハウス 太陽が6ハウスに入っていますのでコロナウイルス関連でまた動きが出てくることもあるかもしれません

ワクチンや健康に関すること
働き方に関すること

など選択肢が増える 自分で責任を持って選んでいくということがあるかもしれません


気になる火星の動きですが、この満月の頃は土星とのスクエアはだいぶ緩くなってきています

火星-天王星オポジションはまだタイトなので予期せぬ出来事に注意が必要です



11月27日21:28 乙女座 下弦の月

太陽:射手座5度 月:乙女座5度

下弦の月は新月に向かうにあたり不要なものを見直し手放していきます

立ち止まり、調整するタイミングです

この下弦の月では太陽、水星がコンジャンクションし、それに対して月がスクエアを形成しています

柔軟宮サイン同士のスクエアは“決まらない”
迷いやすく、直ぐに判断することが出来かねます

この下弦の月で行う調整も様々な案を出して、状況に応じて変更していくことが求められそうです

11月11日も太陽と月がスクエアを形成する「見直し・調整」のタイミングでしたが、11日に比べるとアスペクトは穏やかです


11月はハードなアスペクトが集中しています

部分月食も起こるので通常の満月よりも長い間、影響が作用します

隠されていたものが暴かれたり、表に出てくることもあるかもしれません


予定を組む方はトランジットを確認してみてください

その中でも月に対するアスペクトは大切です

現在募集中の講座

▷ソーラーアークオンライン講座  
▷占星術中級プログレスオンライン講座
▷サビアンシンボルオンライン講座

お好きな時間にスマホからでも受講可能です


関連記事

  1. トランジット

    2019 土星×冥王星 山羊座 コンジャンクション

    2019年 土星×冥王星 山羊座 コンジャンクション …

  2. トランジット

    11月4日水星逆行終了→留→順行へ「アメリカ大統領選挙への影響は?」

    11月4日 2:36  水星順行へ水星逆行の始まりと終わりは「留」の…

  3. トランジット

    6月の星のながれ

    6月2日 魚座 下弦の月6月2日 金星蟹座へ6月10日 双子座の新月…

  4. トランジット

    2021年の星のながれ

    2020年との違いについてトランジットの天体のながれを読むことで去年…

  5. トランジット

    【12月のアスペクト】柔軟宮サインのスクエアはコロコロ変わる

    柔軟宮サインのスクエアは迷いやすく意見が変わりやすいです双子座と乙女…

  1. 新月・上弦・満月・下弦

    10.28 蠍座の新月
  2. 新月・上弦・満月・下弦

    2022年1月10日牡羊座上弦の月
  3. アスペクトの読み方

    メジャーアスペクト
  4. アスペクトの読み方

    水星-金星 アスペクトの例
  5. トランジット

    2020年:牡牛座はここが違う
PAGE TOP