トランジット

2021年9月23日太陽天秤座へ

9月23日4:21 太陽天秤座へ  【秋分】

柔軟宮(双子座・乙女座・射手座・魚座)



活動宮(牡羊座・蟹座・天秤座・山羊座)


状況に合わせて柔軟に変化していく柔軟宮サインから
受け身にならず自ら率先して働きかける活動宮サインへ

9月23日 4:21 太陽天秤座へ 【秋分】

9月27日 水星逆行開始

9月29日 蟹座 下弦の月

10月6日 天秤座 新月

10月7日 金星射手座へ  冥王星逆行終了

10月11日 土星逆行終了

10月13日 山羊座 上弦の月

10月18日 木星逆行終了

10月19日 水星逆行終了

10月20日 牡羊座の満月

10月23日 太陽 蠍座へ


太陽天秤座シーズンのながれのポイント

今年の天秤座のシーズンは怒涛の1ヶ月となりそうです

9月27日からの水星逆行を含めると現在、逆行している天体は6天体
その内の4天体が10月に順行に転じます

逆行から順行に転じるとこれまで滞っていた物事が前へ進み出します
それは新たな課題に向き合うということでもあります

天秤座はパートナーを表すサイン
恋愛や結婚に関係します
4天体が逆行から順行へと転じるタイミングで
眞子さまの結婚も新たな展開へと動きを見せそうです
10月はお二人の動向に注目が集まりそうです


社会は太陽と火星のコンジャンクションがタイトになる8日に向けて激しい競い合いが繰り広げられそうです
日本では選挙と重なっていますので候補者たちの争いが激化しそうです


7日に金星が移ってからは秋の旅行やスポーツを楽しむ人が増えそうです
他者の動きを参考にして自分の立ち振る舞いを考えるというのが天秤座ですので
多くの人が遠くへ出かけているという事が報道されれば「じゃあ、私も」と
影響される人が増えそうなながれです


太陽天秤座シーズンで一番ハードな時期は山羊座にある冥王星とスクエアを形成する時期です
今年は17日がタイトなスクエアを形成する日になります
表れる事柄があるとしたら0か100で全てを0に戻して新しく作り替えていきます
他国との関わり、パートナー関係、取り組み、組織、法律、世の中のルール、仕組み 

この時期に社会で強調される事柄を考察していくと、このアスペクトがどんな風に表れているのかがわかります

天秤座のキーワード

他者 対人関係 パートナーシップ

洗練されたセンス 流行を意識する スマート 都会的

バランス感覚 平均化

人のことを気にかける

他人と自分を比べる

様々な人の意見を聞き、比べる

周りにあわせる 空気を読む

流行に遅れているダサイものを嫌う 汚い場所 重労働を嫌がる

一人ではなく多くの人と関わろうとする

平和主義 いいひとを演じる 他者を気にし過ぎてしまう 客観性 

活動宮サインにアングル、天体を持つ人はチェック

9月29日10:57 蟹座 下弦の月

太陽:天秤座6度 月:蟹座6度

下弦の月は新月に向かうにあたり不要なものを見直し手放していきます

立ち止まり、調整するタイミングです

太陽は火星とコンジャンクション

月は太陽、火星とスクエア

争い・競争が激化・勝ち取るための戦略を練る・勝利を目指す

国民、大衆の反発、怒り 
子供、家族、仲間など大事なものを守ろうとする動き

日本においては選挙でこの火星の情熱は燃やされていくのでしょうが
他国においては軍の動きが活発になったりと不安を感じる地域もあるかもしれません

治安が不安定な地域では火星のアスペクトが強調されたとき、月がハードアスペクトを形成している日というのは最大限の警戒をするなど注意が必要かもしれません


10月6日20:05 天秤座の新月

新月:天秤座13度

これまでの1ヶ月が終わり、新たな1ヶ月がスタートするとき

新たな種を蒔く チャレンジをする

ここからどんなことをスタートさせていきますか?

東京で作成したチャートでは新月は5ハウスで起こります

5ハウスに太陽、月、火星が13度でタイトなコンジャンクションをしています

この新月に対して牡牛座にある天王星が13度の場所にあるので
この3天体とタイトなクインカンクスのアスペクトとなっています

太陽、月、火星は本来持ち合わせていない牡牛座の価値観(自分の才能を活かす、お金、身体に関係すること)を取り入れて12ハウス天王星の表すオンライン活動、デジタル化に取り組んでいくというのも解釈のひとつです

ワクチンに関する事でも新たな展開へと進んでいくかもしれません

13度に天体を持つ人はこの新月で太陽、月、火星、天王星とどんなアスペクトを形成しているのか確認してみてください



10月13日12:25 山羊座 上弦の月

太陽:天秤座20度  月:山羊座20度

上弦の月:新月から満月に向かう途中に太陽と月が90度を形成します
新月に蒔いた種を伸ばしていく中で起こりますのでここで一度立ち止まり見直しをしていきます

太陽が見ている方向と月が見ている方向が相容れぬ位置にあるので迷いや葛藤が生まれやすい時です
ここでしっかりとどうすべきか考えきちんと向き合うことが大切となります


調整の日です

この上弦の月はハードアスペクトが強調されます

太陽-木星トラインで容認されることがあり、物事はスムーズに進んでいくかのように見えますが、国民の怒りや葛藤が強い配置になっています

東京で作成したチャートではAscに月がコンジャンクションしていますので国民の意思が強調されています

政治に関すること、眞子さまの結婚に関すること、コロナ対策について など
この時期に「見直し、調整」されることに賛否両論意見が分かれるかもしれません

この上弦の月あたりから徐々に太陽は冥王星とスクエアを形成していきます

10月20日23:57 牡羊座の満月

太陽:天秤座27度  月:牡羊座27度

半年前の牡羊座の新月で始めたことを一度完成させる時期

この満月の2日前に木星が順行へ転じ、前日に水星が順行へと転じます

10月に逆行を終了する4天体が順行に転じた状態で満を持して
牡羊座の満月を迎えます

この満月を迎えるまでに見直し、調整が終了し、ここで完成する、お披露目するタイミングとなります

太陽は火星とコンジャンクション
月は火星とオポジション
ここに冥王星がスクエアで活動宮サインのTスクエアを形成しています

これまでの活動を終わらせる など
破壊と再生の力も強く働くアスペクトが形成されていますので
大きな決断をされる人もいるでしょう



9月26日からの秋スタートコース募集開始しました

「占星術初級オンライン講座」

テキストは4冊 
▷初級講座テキスト
▷アスペクトBOOK
▷サビアンシンボルBOOK
▷出生図を読む 

現在募集中の講座

▷ソーラーアークオンライン講座  
▷占星術中級プログレスオンライン講座
▷サビアンシンボルオンライン講座

お好きな時間にスマホからでも受講可能です

関連記事

  1. トランジット

    7.9 トランジットのアスペクト

     7.9 天秤座 上弦の月 リーディング  トランジット…

  2. 太陽

    4月20日〜5月21日「太陽牡牛座」

    4月20日5:34 太陽牡牛座入り↓5月21日4:34 太陽双子座へ…

  3. トランジット

    4月28日まで全惑星順行期間

    2月21日9:48 水星が逆行終了惑星の逆行開始、終了前後は留の状態…

  4. トランジット

    2021年の星のながれ

    2020年との違いについてトランジットの天体のながれを読むことで去年…

  5. 太陽

    2021年10月23日太陽蠍座へ

    2021年10月23日13:51 太陽蠍座へ活動宮(牡羊座・…

  1. YouTube

    【動画】2021年4月27日蠍座の満月チャートリーディング
  2. トランジット

    2020年は木星-土星-冥王星 合の年:2021年は土星-天王星スクエアの年
  3. トランジット

    2020年の運勢を自分で確認する方法-N天体とトランジット天体-
  4. 新月・上弦・満月・下弦

    2020年4月23日牡牛座の新月
  5. 時代

    来週、再来週は天体の動きが活発 「時代の流れが加速する」
PAGE TOP