新月・上弦・満月・下弦

2021年1月13日山羊座の新月

2021年1月13日14:00 山羊座の新月

風の時代に入って初めての新月です

新月を迎えてこの1ヶ月が終わりを迎えるので水瓶座木星、土星の表すテーマもここから強調されていきます

この新月を迎える翌日には逆行していた天王星が順行に転じますので
物事が展開していくスピードが早くなります

停滞していたものが動き出したりと徐々に変化を感じられるようになってくるのではないでしょうか


この1ヶ月、嬉しいことがあった人・そうでなかった人も
ここからまた新たな1ヶ月がスタートします

新月:種まき

半年後の山羊座の満月に向けて蒔く種として考えても良いですし、成長させたいこと、実らせたいことを新月の日に決めます


新月:山羊座24度「修道院に入る女」

このシンボルは現場で働いて成果を出すことに重点を置くのではなく
表舞台からは見えないところで権力を握っていたり重要なポジションについているような人物を描いています

▷歴史や伝統ある場所に惹かれる
▷表からは見えないところで権力を握る人物の存在
▷現役を引退する
▷社会から隔離された場所を求める
▷精神性を高めるために慣れ親しんだ場所を離れる



山羊座はピラミッド型で構成された集団社会を表します
今回の新月では冥王星とコンジャンクションしているため
政府、都道府県知事、社会や組織内で権限を持つ人物の力が強まります

火星-土星スクエアの影響もあり日本においては緊急事態宣言が再発令される地域が増えることが予測されます




8ハウスにありますので特定の人物との繋がりも強まります
この新月以降、重要なポジションにいた人物が
引退を決意するということもあるかもしれません

信頼のおける人物からの引継ぎ 受け継いでいくこと

10ハウスにある海王星とセクスタイルを形成しているため
ここで種まきすることに対してどんな風に育てていきたいのか
将来的なビジョンを描くと良さそうです

理想のイメージを描くことが大切です

水星は水瓶座にあり木星、土星とコンジャンクション
政府からの厳しい指示が出たとしてもこれまでのように全ての人たちが従うようにはなりにくいです
木星、土星が水瓶座にある現在はそれぞれが自立してお互いに手を取り合いながら生きていくことを課題としていきます
政府や組織に全てを委ねるという流れではなくなっています

牡牛座に移った火星は天王星とコンジャンクション

水瓶座にある水星、木星、土星とスクエアを形成しています

水瓶座にあるこの3天体と牡牛座にある天体との激しいぶつかり合いが
離脱や反発として表れてくるかもしれません

決められたルールに反発する 
政府に対する怒り
独自で判断する


山羊座にある金星と牡牛座にある火星、天王星がトライン

お金に関することでポジティブに活かしていくことの出来そうな配置です

資産形成を考えるのにも良い機会だと思います


山羊座の新月を迎え、翌日に天王星は逆行を終えます


1月31日に水星が逆行を開始するまで全惑星順行期間となります

逆行している天体がない期間は物事がスムーズに進みやすいと言われています

火星-土星スクエアのアスペクトにより動きはゆっくりになるかもしれませんが
後半に向かうにつれオーブが緩まります

現在、停滞中、のんびり活動をしているという人は1月後半に行う計画を立ててみるのも良いと思います

おすすめしたいこと
▷企画を立てる
▷普段なら難しそうな依頼をしてみる
▷挫折したこと、スムーズに進まなかったこと、NGだったものにもう一度トライしてみる
▷新しいことをはじめるための準備をする
ブログの開設、引っ越し、HPを作る、アカウントを作る
YouTubeを始めるタイミングを伺っていた人はこの機会にチャレンジしてみるのも良いと思います


関連記事

  1. 新月・上弦・満月・下弦

    2021年1月21日牡牛座上弦の月

    2021年1月21日6:02 牡牛座 上弦の月上弦の月:新月…

  2. 新月・上弦・満月・下弦

    2021年4月4日山羊座下弦の月

    2021年4月4日19:02 山羊座 下弦の月下弦の月は太陽…

  3. トランジット天体

    2020年3月3日 双子座 上弦の月

    2020年3月3日 双子座 上弦の月上弦の月:新月か…

  1. YouTube

    【動画】2021年:水瓶座の運勢は?
  2. 新月・上弦・満月・下弦

    2020年8月4日水瓶座の満月
  3. 新月・上弦・満月・下弦

    8.1 獅子座の新月「外部の人の影響を受けて創造性を発揮させるため広い世界へ飛び…
  4. あなたの生まれた時の月の形は何ですか?
  5. 天体

    「太陽を使う」とは?
PAGE TOP