新月・上弦・満月・下弦

2020年8月12日牡牛座下弦の月

2020年8月12日 1:45 牡牛座 下弦の月

下弦の月は太陽と月がスクエアを形成します

新月に向けて現在の取り組みや活動を見直し、不要なものを取り除く作業をしていきます

8月19日に獅子座の新月になります

新たな一ヶ月の始まりに向けてこの下弦の月で見直し、不必要なものがあれば手放ししていきます




月:牡牛座20度「雲を作り運び去る風」

偶然だと思えるような体験に意味があり、それが未来へと繋がるようなシンボルです


▷直感が正しい判断へと導いてくれる

▷偶然の出来事から未来へと繋がるヒントを得る

忙しく動き回るよりもゆったりのんびりと過ごしていた方が
未来へ繋がるメッセージをもらうことが出来ます


月のある11ハウスも未来を表すハウスです

ゆったりと過ごし次の活動の計画を立てます

新しいことは獅子座の新月が過ぎてから開始すると考え
今は見直しをしたり余計なものがあれば省いたりして
整理していきます


月は太陽とスクエア

木星、冥王星トライン

海王星とセクスタイルです

他者との関わりや意見を聞く
世間の声を参考に次の活動の計画を立てる

具体的なイメージを描いてみる
紙やタブレットを使い構想を練ってみるのもおすすめです

下弦の月では太陽と月の価値観が一致しませんので悩み迷って当然です

「ああでもない、こうでもない」と試行錯誤してOKです


太陽:獅子座20度「ズニ民族の太陽の崇拝者」

太陽を崇め、生命力や高揚した精神を呼び起そうとする儀式を表しています

月は受動的 太陽は能動的

▷自らの手で自分自身に必要な活力を与える

▷回復

▷太陽の生命エネルギーを求める

▷自分自身を元気にすることが出来るものをみつける


大好きなアーティストのライブが生命力の源 という人もいますよね

毎朝、そのアーティストのライブ映像を観て生命エレルギーをチャージする

など

自分自身を元気にしてくれるもの 活力を与えてくれるものをみつけます


太陽のある2ハウスは既に自分が持っているもの

反対に11ハウスは未来へと繋がるもの

これから探していこうとするのではなくて既に自分が持っているもの

自分を元気にしてくれる存在

活力を与えてくれるもの

そこから未来への自分へと繋がるヒントをもらいます



牡牛座の下弦の月

2ハウス:太陽獅子座20度×11ハウス:月牡牛座20度

好きなこと 既にあるもの 過去から未来へ



水星-天王星スクエア

ユニークなアイディア 発想で皆がびっくりするようなものを作る

古い価値観に捉われない

常識を捨てる

クリエイターの方はこのアスペクトを活かして面白いものを作ることが出来ます


火星 牡羊座22度

木星 山羊座19度

土星 山羊座27度

冥王星 山羊座23度

火星と山羊座にある天体がスクエアを形成中です


政府の権限が強い時期でこれから火星-土星スクエアを形成していきますので
行動制限や自粛要請が厳しくなるかもしれません

ビジネス面で活かしていくとするならば仕事で新しいことを始める

結果を出すことにコミットする

2020年は山羊座の表す事柄を避けることは出来ませんので社会に向けて何か打ち出して行くのならば成果を出すために努力していくことが求められます





関連記事

  1. 新月・上弦・満月・下弦

    2020年6月28日天秤座 上弦の月

    2020年6月28日17:16 天秤座 上弦の月上弦…

  2. 新月・上弦・満月・下弦

    6.25 牡羊座下弦の月「新月に向けて取り組みたいテーマに集中する」

    月のサイクルは「活動宮」で4フェーズを迎えます6.25: 牡羊座 …

  3. 新月・上弦・満月・下弦

    2020年9月17日乙女座の新月

    2020年9月17日20:00 乙女座の新月これまで…

  4. 新月・上弦・満月・下弦

    2021年11月19日牡牛座の満月(部分月食)

    2021年11月19日17:57 牡牛座の満月(部分月食)こ…

  5. 新月・上弦・満月・下弦

    2021年7月2日牡羊座下弦の月

    2021年7月2日6:11 牡羊座 下弦の月下弦の月…

  1. 四季図

    9.23 秋分図リーディング
  2. アスペクトの読み方

    火星-天王星 アスペクトの例
  3. トランジット

    12月の星の流れ:日食・冬至・木星・土星が水瓶座へ 風の時代のはじまり グレート…
  4. 水星

    8月12日水星乙女座へ「後回しにしていた面倒な手続き、書類、実務、細かい作業をこ…
  5. トランジット

    2020年の春分図の影響がまもなく終わりを迎える
PAGE TOP