トランジット

4月15日に向けて規制が厳しくなる、ルールの見直し

トランジット天体の配置から世の中の流れを読むことが出来ます

ここ数日間は牡羊座の太陽に対して山羊座の木星-冥王星がスクエアを形成しています

木星-冥王星 コンジャンクション

国家、組織のトップにいる人の権力が最大限に高まります

会社の社長
市長
都知事
総理大臣
大統領

自分が所属している集団のリーダーの指示に従い、ルールを守ることを求められます

牡羊座の太陽が自分本意なアイディアを実行させようとしても集団のトップにいる人が「それはルール違反です」とNOを突きつけてきたらどうしたら受け入れてもらえるのかを考え直す必要があります

みんなで一丸となってルールを守り、努力して、成果を出していきましょう

というのが山羊座の世界観です

牡羊座のように自分の意志だけで突き進む人や常識を破る人は厳しく批判されます

それがここ数日間続きます


都知事もN太陽とT木星-冥王星がオポジションになっているので
最大限の権力を求めて向かっていきます
自分に全て権限が欲しいと考えます

ですが休業要請を巡って国の方針と異なることから知事の権限に対してこんな言葉を漏らしていました

「(知事の)権限は元々、代表取締役社長かなぁと思っておりましたら
天の声が色々聞こえてきまして、中間管理職になったような感じではありますけど・・」

というもので木星-冥王星の権力に関しては国に権限が与えられるので
国の方針に関して良い・悪い関係なしにその力は強まります

知事も勿論、強い権力を持っていますがピラミッド構造になっている集団ならばその上にいる人たちの方が権限が強いのが現在の配置です


人命よりも経済を優先させた対策が取られればそれに反対する人が多くいたとしてもトップの権限が絶対的な配置ではあります


15日は月にこの木星、冥王星が重なるので国民である私たちに権限のある人の指示が被さります

15日は太陽と月がスクエアを形成する下弦の月でもありますのでルールの見直しや規制の強化などもあるかもしれません


その一方で金星は双子座にあり火星とトライン

土星も7月2日まで水瓶座にいます

私たちはこれまで依存してきたものから離れて自立して横並びの関係でそれぞれが助け合えるように情報を共有したりコミュニケーションを取っていきます

依存関係ではない仲間、ネットワークを形成していくこともこれから水瓶座土星時代のテーマとなります











関連記事

  1. トランジット

    3月18日-19日:山羊座で月、火星、木星、土星、冥王星が合

    3月17日 月は射手座から山羊座へ移ります18日の夜遅く〜深夜 山羊…

  2. トランジット

    水瓶座の新月【アスペクト】おさえておきたい3つのポイント

    新月は新しいサイクルの始まりです泣いても笑っても前のサイクルは終了し…

  3. トランジット

    太陽-海王星スクエアの時期に注意したいこと

    12月10日 太陽と海王星はタイトなスクエアを形成します次の新月でも…

  4. トランジット

    天王星▷牡牛座時代に起こること

    天王星牡牛座時代 2019.3.6〜20…

  5. トランジット

    8月15日-2021年1月14日まで天王星逆行

    2020年8月15日 23:06   2021年1月14日 17:4…

  6. トランジット

    下弦の月で重なる山羊座の終わりにある木星・土星の意味とは?

    12月8日9:37 乙女座 下弦の月東京で作成したチャートで…

  1. 12サイン

    天秤座は度数によって興味の対象が異なる
  2. 新月・上弦・満月・下弦

    2020年9月17日乙女座の新月
  3. 新月・上弦・満月・下弦

    11.20 獅子座 下弦の月
  4. 冥王星

    10月4日冥王星逆行終了 順行へ
  5. 天体

    12.3 木星山羊座入りのチャート
PAGE TOP