トランジット

【2月の星の流れ】火星がアウト・オブ・バウンズ

火星がアウト・オブ・バウンズの期間 2.9-3.3

アウト・オブ・バウンズとは? (OOB) <赤緯を読む>

出生図でも特定の天体の赤緯が
±23.26度以上にある場合は規格外のパワーを持つとされています

特徴的な働きをするのですね

通常天体は赤道面の赤緯が23.26度以内にありますが

月、火星、水星、金星、冥王星、天王星、木星がこの枠を超えることがあります

↑OOBになる率の順番 左側にある天体ほど高くなります

(ここに記していない天体はOOBを読みません)







赤緯とは?

天体の位置を表す値のことで地球の経度・緯度 表記の天体の座標を表示するときに使われます


北がプラス +  南がマイナス −  表示

天の北極:+90度 天の南極:−90度 

普段、用いてるホロスコープは太陽の見かけ上の通り道「黄道」に12星座を当てはめて読みますが、赤緯占星術になると平面から立体的な捉え方になり、また違った側面を読むことが出来ます

地球の天球上の赤道と黄道の角度が23.26度

地球の地軸は現在は約23.4度傾いています






2月16日 火星は射手座から山羊座へ

2月9日〜OOBとなります

火星はここしばらく魚座の海王星とスクエアを形成しており
それは混乱した状況や判断ミスなどとしても表れたりしていたのですが
そのアスペクトが離れていく中で次はOOBとなります

火星の象徴

競争 意欲的になる 欲しいものを獲得するパワー
奪う 勝ち取る 負けない力 欲求を満たすために行動すること
刃物 怒り 暴力 事故 破壊 闘争
性的なこと ケンカ いざこざ トラブル など 


OOBは良くも悪くも規格外な面があるためやり過ぎてしまうことに注意が必要です


2月16日までは射手座にありますが、その後は山羊座に移行します


射手座の火星 情熱を向けるもの 規格外のパワーとなるものは?

外に飛び出そうとするパワーが強くなる
遠方へ行くことを求める
向上心を持って外に飛び出そうとする力が強くなる
後先考えずに行動したことが大きな騒動の原因になる
議論が活発になる


山羊座の火星 情熱を向けるもの 規格外のパワーとなるものは?

野心を燃やす
ビジネスで具体的な成果を上げることを求める
利益を重視する
遠くに飛び出すのではなく組織の判断に従い
自分の置かれてる状況で精一杯のことをすることを求められる


火星のパワーを人を傷つけるための暴力で使うのではなく
仕事で戦っていくために使う方が望ましいですね
とはいえ規格外のパワーを持っているのでビジネスで使うにしても
頑張り過ぎてしまう可能性もあります




関連記事

  1. トランジット

    4月15日に向けて規制が厳しくなる、ルールの見直し

    トランジット天体の配置から世の中の流れを読むことが出来ますここ数日間…

  2. トランジット

    ネイタル×トランジットを読むコツ

    ネイタルの三区分ネイタルの天体を三区分表記にします例:ヒロシ…

  3. トランジット

    1.25 水瓶座の新月リーディング

    1.25 6:42 水瓶座の新月太陽が水瓶座に入って新月が…

  4. トランジット

    蟹座25度付近に太陽がある人は使命感を持って目的に向かっていく配置

    7月5日の都知事選では現職の小池百合子氏が2回目の当選を果たしました…

  5. トランジット

    3.6-3.28 魚座で水星逆行 「見直し、復習、再会」

    現在、水星が逆行中です今回は懐かしい人との再会を果たしてる人が多い…

  1. ハーモニクス占星術

    【ハーモニクス占星術】HN7:ハーモニックチャートで最も重視されるナンバー
  2. 新月・上弦・満月・下弦

    双子座 上弦の月「階段を上るために見直すべきこと」
  3. 新月・上弦・満月・下弦

    9.6 射手座 上弦の月リーディング
  4. 新月・上弦・満月・下弦

    2020年6月28日天秤座 上弦の月
  5. アスペクトの読み方

    YODのアスペクトについて
PAGE TOP