アスペクトの読み方

蟹座の満月のアスペクト

月は2.5日でサインを移ります

今日が牡羊座だとしたら3日経ったらもう牡牛座に移っています

人の感情と同じように移り変わり、揺れ動きます


水星は太陽と28度以上離れません

太陽が山羊座にあるのなら水星は同じサインかひとつ前かひとつ後のサインにしか入らないです

金星は太陽と48度以上は離れないので太陽のサインが牡羊座ならば隣の隣のサインくらいまでということになります

1月14日に金星が魚座に移ります

20日の太陽が水瓶座に移る時までに生まれた赤ちゃんの出生図は

太陽が山羊座、金星が魚座ということになります


蟹座の満月の時期は水星はこのサインにあって、金星はこのサインにあるだろうというのはどの年も変わりません

地球より外側にある火星以降の天体から時期によって大きくアスペクトが異なってきます

1月11日 蟹座の満月のアスペクト

月は2.5日でサインを移る

水星、金星も太陽から大きく離れない

地球の外側にある火星
木星、土星、天王星、海王星、冥王星は太陽の動きに沿わずに
12サインをそれぞれのスピードで一周します

1つのサインにだいたいどのくらいの期間滞在するのか一番不正確な
動きをするのが火星です

蟹座の満月では火星は射手座にありメジャーアスペクトはなくノースペクトとなります


2月16日までは射手座におりますので向上心を持ってレベルを上げるためのチャレンジをするのに良い時期だと思います

12ハウスですし日本ではeスポーツが盛り上がりをみせるかもしれません

eスポーツの大会も各地で開催されていますし、これから益々ネットで〇〇する時代になりますので衰えることはないジャンルだと思います

蟹座の満月では射手座の初期度数にあるため魚座の海王星とはアスペクトを形成していませんが1月の後半に向かうにつれ
火星-金星、海王星スクエアと混乱を表すような配置にもなってきます

2019年の射手座の木星時期に逮捕されたカルロス・ゴーン氏は
まさに魚座の太陽が18度付近にありT海王星とコンジャンクションしており
N火星は射手座の14度付近にあるため
間も無くマーズリターンを迎えます
火星回帰のチャートは火星に対して金星と海王星がスクエアとなり
現在の状況から察するに混乱、思ってもない方へ向かうなどということがあるかもしれません
海王星は映像にも関係します
ゴーン氏が逃亡して直ぐに仏メディアがNetflixと独占契約を結んだと報じていましたがNetflix側はこれを否定しています

山羊座の木星もタイトなアスペクトはありません

ドラゴンテイルとコンジャンクションしていますので
ビジネスにおいて変わるべき悪しき風習が公になるということもあるかもしれません


月は太陽、水星、土星、冥王星とオポジション

海王星とトライン

太陽は月とオポジション

水星、土星、冥王星とコンジャンクション

海王星とセクスタイル


本気で山羊座の表すもの(社会で成果を出すこと)に取り組むことに
海王星が調停していますので
ビジョンを持って努力していくことで成果を味わうことの出来る人が
多いのではないでしょうか



この満月の日に逆行していた天王星が順行し、全惑星順行期間に入りますので
成果を出したいと思うもの、完成させたいものを明確にし
それを達成するためには今何をすべきか逆算してもう一度アタックしてみるのも良いかもしれません







関連記事

  1. アスペクトの読み方

    トランジット天体×N天体 柔軟宮グランドクロスが出来る人

    先日UPしたYouTube動画で「天地照応」マクロコスモス-ミクロコ…

  2. アスペクトの読み方

    月のアスペクト

    アスペクトBOOK占星術初級講座 でお渡ししているテ…

  3. アスペクトの読み方

    柔軟宮サインのスクエアは中々決まらない

    太陽が射手座に入ると魚座とスクエアを形成する日乙女座とスクエアを形成…

  4. アスペクトの読み方

    冥王星とのアスペクトはありますか?

    冥王星という天体は平穏な日常を送りたい人にとっては必要のない天体です…

  5. アスペクトの読み方

    アスペクトで自分のキャラクターを分析してみる

    0度→ハードにもソフトにもなり得る 天体の持つ性質が強調される90度…

  1. 時代

    時代と共に変わろうとしている6ハウスの定義
  2. トランジット

    2020年 トランジット天体のアスペクトに注目【逆行して出会う天体】
  3. 金星

    金星逆行5月13日-6月25日:気をつけたいこと
  4. トランジット

    水瓶座の新月【アスペクト】おさえておきたい3つのポイント
  5. 四季図

    2019.6.22 夏至図 リーディング
PAGE TOP