トランジット

2020-2021 グレートコンジャンクション・5G・土星水瓶座×天王星牡牛座


2020年12月22日 水瓶座で木星と土星がコンジャンクション

2020年も土星水瓶座入りはしますが水瓶座の1度でまた逆行します

グレートコンジャンクションも12月22日と年の瀬ですので
本格的な情報社会の始まりは2021年と考えても良いかもしれません


日本でも5G回線が開始される年であらゆるものがネットに繋がる
IoT化される予定です

車も冷蔵庫も物がインターネットに繋がる

牡牛座(目に見える物)×天王星(最新技術)を象徴させるような事柄が
木星、土星の水瓶座入りで広がる予定です



あらゆるものがA.Iに代替される

人間ではなくA.Iが労働する

IoT化する

家を持たない人々

物に支配されない暮らし

年齢・性別・国籍生まれた環境に左右されない

個人の信用が価値になる


人々は物やお金よりも「信用度」を求める

テクノロジーの進化

現金の廃止 完全キャッシュレス化


終身雇用制度の崩壊

縦型社会から横型社会へ

ベーシックインカム導入の可能性

イノベーションを生み出すのは人間

一人一人が太陽の創造性を発揮する時代へ




ベーシックインカムなども水瓶座を象徴するような事柄ですね

全ての人に平等に毎月〇〇万円一定の金額を支給する

2021年は水瓶座の土星と天王星の牡牛座がスクエアを形成しますので
高収入である人ほど多くの所得税を取られたりと
なるべく平等になるようにシステムの見直しが行われていきます
既に決定している事項もありますのでこの流れは2021年以降も続くのではないかと思います


木星・土星が水瓶座に入ることによって情報の時代が始まり
価値の転換を象徴するような具体的な出来事が
2021年に起こると予測されます
冥王星が水瓶座に入るときは
良い企業に勤めて正社員でなきゃいけないという
これまでの価値観は冥王星射手座世代では少数派になるかもしれません


皆がお金や土地など目に見える資産を求めるのではなく
肩書きや出身校、家柄などで人の価値を定めるのではなく
良いとされてきた会社に入るためのコネはもはや必要なく
個人の信頼度に委ねられてくる
舞台は平等になり個人の能力やチームの力で勝負出来る時代へ












関連記事

  1. トランジット

    太陽が獅子座へ ムーンフェーズ:不動宮サイクルへ

    7.23 太陽が蟹座から獅子座へ移ります 活動宮(牡羊座・蟹座・…

  2. トランジット

    トランジット天体の影響を強く受けやすい人の特徴は?【見分け方】

    ハウスには強弱があります3つに分けて考えられていますアンギュラーハウ…

  3. トランジット

    【2020年】土星水瓶座時代の片鱗が見える

    土星 水瓶座時代2020年3月22日〜7月2日2020年12…

  4. トランジット

    2020.1.11-2.17 全惑星順行期間の始まり

    1月11日11時過ぎに天王星が逆行を終え、トランジット天体で逆行して…

  5. トランジット

    太陽双子座へ【柔軟宮サインのシーズン突入】

    5月20日 太陽双子座へ5月23日 双子座の新月 双子座2度(サビア…

  6. トランジット

    3区分と4元素の違い▷トランジット(運気)を読むときに大事なこと

    3区分と4元素には違いがあります12サインを大まかに3つ、4つに分…

  1. アスペクトの読み方

    結婚or離婚を表すアスペクト
  2. 新月・上弦・満月・下弦

    1.11 蟹座の満月(半影月食)
  3. トランジット

    2020.1.11-2.17 全惑星順行期間の始まり
  4. 新月・上弦・満月・下弦

    6.25 牡羊座下弦の月「新月に向けて取り組みたいテーマに集中する」
  5. ホロスコープの読み方

    占星術で過去世を知るには?
PAGE TOP