ヘリオセントリック

【ヘリオセントリック占星術】「地球星座を発動させるには?」

ジオセントリック占星術→天動説

ジオセントリックの概念となるプトレマイオスの宇宙観は地球が中心となり
その周りを太陽がまわっていると考える天動説です

これは普段私たちが使用している一般的な占星術です
雑誌の星占いもこの宇宙観からみて地球を太陽に投影している「太陽星座」となります
ジオセントリックは自分の性格、生まれ持った資質、恋愛傾向、好み、両親のことや人生の目的などが分かります
そういったことを知りたい場合はジオセントリック占星術を読み解いていきます



ヘリオセントリック占星術→地動説

ヘリオセントリック占星術は太陽が中心にあってその周りを私たちが周り太陽と他の惑星が共に回りながら進んでいる

コペルニクスの宇宙観  

ヘリオセントリック占星術では「自分が生まれてきた意味やエゴを挟まない地球での使命」が分かります

ヘリオセントリックで表される地球星座とは普段私たちが使用している星座の向かいにある星座です

私たちが生まれたときに太陽が位置していたとされる星座は地球がもっていた資質でもあります



太陽 牡羊座→地球星座 天秤座
太陽 牡牛座→地球星座 蠍座
太陽 双子座→地球星座 射手座
太陽 蟹座→地球星座 山羊座
太陽 獅子座→地球星座 水瓶座
太陽 乙女座→地球星座 魚座
太陽 天秤座→地球星座 牡羊座
太陽 蠍座→地球星座 牡牛座
太陽 射手座→地球星座 双子座
太陽 山羊座→地球星座 蟹座
太陽 水瓶座→地球星座 獅子座
太陽 魚座→地球星座 乙女座




私の場合は太陽星座が双子座です
元々幼い頃から占い好きで小学生の頃に天秤座と水瓶座の友人を誘って「風サイングループ」を形成したのを覚えています
中学、高校と姓名判断や風水、九星気学などにもハマり広く浅く楽しんでいました
暮らしに取り入れられれば良かったので占星術の歴史や深いところまではそのときは知ろうなどとは思いませんでした
広く浅く自分の興味のあるものだけをつまんで次の興味へと移動するのは双子座です

それが地球星座になると「射手座」になります
これまでネット検索で済ませていたような情報もきちんと辞書を引いたり叡智を知ろうとしていきます
私の場合は広く浅くいろんな占いを楽しんでいた時代からひとつのものをもっと深く知ろうとしていくことが地球星座を発動させることになります
地球星座を意識して占星術を本気で学ぶようになったわけではなく無意識でしたがこれが地球星座を発動させていたことに繋がっていました

「地球星座を発動させるには向かいにある星座の性質を理解して意識して取り入れていきます」

向かいのサインにある資質を参考にしてみてください







関連記事

  1. ヘリオセントリック

    ヘリオセントリック占星術

      【新品】【本】ヘリオセントリック占星術 松村潔/著価格:2,…

  1. ヘリオセントリック

    【ヘリオセントリック占星術】「地球星座を発動させるには?」
  2. アスペクトの読み方

    ビジネスパートナーをアスペクトで選ぶなら?
  3. 四季図

    2020年6月21日:夏至図リーディング
  4. ホロスコープの読み方

    ホロスコープでみる浪費しやすいタイプ
  5. サビアンシンボル

    <未来予測>サビアンシンボル活用法
PAGE TOP