トランジット

2020風の時代×天王星牡牛座 「所有→情報・信用へ」

2020年 12月水瓶座で木星と土星がコンジャンクション

これまで続いてきた 地エレメントでのグレートコンジャンクションが終わり
風の時代が始まります



2019年3月6日天王星が牡牛座に移りました

ここからの7年間
これまでの時代に必要だったあらゆる物質が無くなっていくのでしょう

私たちに刷り込まれてきた価値観が変わるとき

電子マネー キャッシュレス化へ
シェアリング・エコノミーも拡大し所有すること=幸福の基準であるという意識は多くの人にとって一昔前のものになりそうです


お金・土地・ブランド・地位・肩書き資産・血筋・権力・所有すること

水瓶座はこれらを幸福の基準に置きません

Netflixで片付けコンサルタントのこんまりさんの番組が
アメリカで話題になったように
「減らす技術」がこれからもっと注目されるでしょう

これまで一部の人たちだけに共有されていた
「持たない暮らし=満足 満ちている 幸福」であったものが
「所有すること、目に見える豊かさ=安心=幸せ」な人々を変えていく時がやってきたのです

こんまりさんをはじめ、片付けアドバイザーの方は天王星 牡牛座時代これから更に忙しくなるのではないでしょうか

牡牛座→個人の所有するもの 増やす 豊かさ   
天王星は水瓶座の支配星

これからの時代に求められているのは増え過ぎた物を片付ける、収納するテクニックではなくどう減らしていくかが重要
本当に大切なものを見極めて
多くの物を持たずして「幸福」を感じること
私たちに既に刷り込まれた”幸せの基準”をアップデートしていく時代なのだと思います



財産や土地を所有すること=幸福ではないなら人々は何を欲するのだろう?

個の時代の到来といわれている現在〜これから先の未来

人々がお金や物の代わりに欲するのが信頼と情報なのではないでしょうか

例えばインスタの登録者を増やしたいと思ったとき、それら(登録者)をお金で買う人がいる
ブログの登録者を増やすためにお金を使う人もいますし、
その反対に人気のTwitterアカウントやYouTubeアカウントを売る人もいます



特に中国では信用スコアが活用されており
個人の信用情報が点数化されています

点数の高い人しか参加出来ない婚活サイトなどもあります

そうなると人はお金や物よりも「高い信用スコア」が欲しいと望むようになります



風は特定の場所にとどまらない 流通性  

風は束縛を嫌います
特定の場所にとどまらずに自由に動き回っていきたい性質を持っています

T天王星が牡牛座、双子座、T冥王星が水瓶座、T海王星が牡羊座と時代は移り変わっていきますが毎日定時に出社して同じ場所で働き、同じ時間に帰るというこれまでのサラリーマン的なスタイルは崩れていくでしょう


好きな時間に好きな場所で働く者、副業をする者、個人事業主になる者、フリーでどこにも縛られずに働く者
これまでの時代にもいましたが主流ではありませんでした
この風的な自由な働き方が主流となる時代になりつつあるのかもしれません




地の時代から風の時代へ


評価されるべきものが確かに変わってきていることを実感する時代でもありそうです









関連記事

  1. トランジット

    9月22日太陽天秤座へ

    9月22日 22:31太陽 天秤座へ  秋分柔軟宮(双子座・…

  2. トランジット

    【天体を使う】火星-木星-土星-冥王星 コンジャンクションについて

    現在、火星-木星-土星-冥王星のコンジャンクションのアスペクトが続い…

  3. 土星

    土星-コンプレックスと向き合う-

    土星が表す個人の課題、試練、苦手意識、コンプレックス私たちは…

  4. 土星

    緩さは木星・厳しさは土星

    月・水星・金星・太陽・火星・木星・土星・天王星・海王星・冥王星天体に…

  5. トランジット

    7.17 山羊座の満月(月食)に向けてのながれ

     7.17 山羊座の満月(月食)に向けて 月食は「太陽-地球-…

  6. トランジット

    2020年 トランジット天体のアスペクトに注目【逆行して出会う天体】

    2020年のトランジット天体の動き火星 2020年は射手座〜…

  1. 新月・上弦・満月・下弦

    6.10乙女座の上弦の月の活用法と世の中の流れ
  2. トランジット

    蟹座25度付近に太陽がある人は使命感を持って目的に向かっていく配置
  3. 新月・上弦・満月・下弦

    獅子座の新月は内側にある創造性を発揮させる度数で起こる
  4. 天体

    木星射手座▷あなたへの影響は?
  5. 未来予測

    2020年がひとつのターニングポイント
PAGE TOP