アスペクトの読み方

ビジネスパートナーをアスペクトで選ぶなら?

身内で見事にソフトアスペクトしかなくハードアスペクトがない人がいるのですが若ければ若いほどトランジットのアスペクトともハードアスペクトを形成する経験がないため、屈折した気持ちになる経験をあまりしていません

ハードアスペクトが多いという方に比べると
自分の中に矛盾的な性質や葛藤で悩むということがあまりないようなので
素直な人が多いです

T天体とのハードアスペクトを形成する時期は誰しもあるのですが
そうでないときは本当に穏やかでのほほんとしています

普通の平穏な暮らしを望むならトランスサタニアンとのハードは必要ありません


そうなるとビジネスパートナーと結婚相手に求めるものは変わってくると思います


アスペクトで選ぶビジネスパートナー

ビジネスにおいては太陽と火星を活性化してもらえるような相手をビジネスのパートナーに選びたいです

取引先で末長くお世話になるような相手→自分の2ハウスに木星が入る

もともと木星があるならばその木星に冥王星がコンジャンクション
するような相手ならば「ビル・ゲイツアスペクト」の出来上がりです

ビル・ゲイツはネイタルで2ハウスに木星・冥王星があります
富と権力の拡大

やる気アップ→自分の6ハウスに相手の火星や冥王星が入る
仕事への労力がアップすること間違いなし

人気運が欲しい→自分のMCに相手の月が入る
自分の太陽に相手のドラゴンヘッドがコンジャンクション
MC天体に相手のドラゴンヘッドがコンジャンクション

カリスマ性が欲しい→自分の太陽に相手の冥王星がコンジャンクション、スクエア、オポジション

この中でもスクエアは「上級者向け」という感じがします

どこかの時期で太陽や冥王星にアスペクトを投げかけられたらこれまで積み上げてきたものを全部失うこともあるのでリスキーなイメージはあります

選ぶとするならばコンジャンクションが良いですね

今生きている人間でビジネスパートナーになれる人の冥王星は現実的に考えて

▷獅子座
▷乙女座
▷天秤座
▷蠍座
▷射手座
▷山羊座
まで です

上記のサインに太陽がある方はビジネスパートナーを世代で選んでも良いかもしれません

これからどんどん勢いを増すのは冥王星射手座世代です



水瓶座の方はトランジット冥王星が2025年くらいから徐々にコンジャンクションしていきますのでお仕事でカリスマ性を発揮させていきたいという方は活用できます

太陽×冥王星のアスペクト記事 
でも書きましたが小室哲哉さんがまさにT冥王星コンジャンクションのタイミングで鬼のようにプロデュースをして世に音楽を出して出して出しまくって大ヒットを連発しましたね

宇多田ヒカルさん 太陽×冥王星スクエア
浜崎あゆみさん  太陽×冥王星 コンジャンクション(オーブ広め)など


太陽と冥王星のアスペクトは世の中に影響を与えるカリスマ性とも関係があります


企画力アップ→野心的にいろんな活動をしていきたいという場合は自分の火星に相手の木星がコンジャンクションも良さそうです



ビジネスパートナーを探しているという方は相手とのアスペクトが大事ということで是非、参考にしてみてください



関連記事

  1. アスペクトの読み方

    マイナーアスペクト

     内面的な意識に関することで表れる場合が多く、メジャーアスペクトに…

  2. アスペクトの読み方

    結婚or離婚を表すアスペクト

    結婚or離婚を表すアスペクト一例を紹介します&nb…

  3. アスペクトの読み方

    クインデチレ165度のアスペクトについて

    天秤座の季節に入りましたので他の占星術家のリーディング法を取り上げた…

  4. アスペクトの読み方

    アスペクトを理解する方法

     アスペクト天体同士が形成する角度によって生じる動き 「アス…

  5. アスペクトの読み方

    太陽×冥王星 スクエア 「カリスマ性・破壊と再生」

    太陽×冥王星 スクエアのアスペクトスクエアは真っ直ぐに道を歩…

  6. アスペクトの読み方

    出生図×関わる人の出生図×トランジット=化学反応

    二重円作成サイト  自分の出生図とトランジットの天体との二重円…

  1. ドラゴンヘッド・テイル

    ドラゴンテイル -過去世からの縁-
  2. アスペクトの読み方

    ビジネスパートナーをアスペクトで選ぶなら?
  3. トランジット

    太陽が獅子座へ ムーンフェーズ:不動宮サイクルへ
  4. 月リーディグ

    9.29 天秤座の新月は活動宮5度で起きる
  5. 四季図

    春分 太陽が牡羊座へ 新たな年の始まり〜すべては繋がっている〜
PAGE TOP