冥王星

中年の危機とは・・・?「冥王星編」

占星術では

 
中年の危機  “Mid-life Crisis”
 
アスペクトと言われているものがあります
 
 
 
これは誰にでも共通して起こるアスペクトで
 
火星の年齢域(36歳〜45歳)の間にみられます
 
 
 
 
 
これまで順調に物事が進んでいた人も
 
この時期に
 
自分の本質的な部分と向かわされることが多くなります
 
それは一見ネガティブな現象として表れる人もいるかもしれません
 
 
 
 
 
身近な人の死
 
病気
 
離職
 
 
など
 
 
 
 
 
ネイタル天体とトランジット天体が
 
ハードアスペクトという角度を作ることによって
 
挫折あり、悩みあり、踠きあり、
 
紆余曲折経て、新しい自分へと変容していくために必要な経験をします
 
 
 
 
 
 
「中年の危機アスペクト」の中でも最も強力だと思われるのが
 
誰しも38歳前後に訪れる
 
N冥王星 □スクエア  T冥王星  ではないでしょうか
 
 
 
 
 
自分の生まれたときの冥王星と
 
現在運行中の冥王星がスクエアという
 
葛藤の配置を生む
 
 
 
 
90度 スクエアとは…?
 
 
二天体が同時進行せずにスイッチのON OFFのように交互に切り替わる
 
 
 
 
 
葛藤、横槍が入る、対立、否定、困難、頑張る、努力する
 
片方に切り替わるともう一方がストップしてみえてしまうことで対立や困難が起こるのが90度アスペクトの捉え方のイメージです
 
 
 
現在ですとT山羊座の冥王星とN天秤座の冥王星のように同じクオリティで
 
相容れないエレメントの組み合わせが90度の配置を生み出します
 
 
 
 
この葛藤や困難を突破すると変化や方向転換を生み出す
 
現状を打破するパワーのあるアスペクト
 
自分の意志を根本的に変えられてしまうような感覚

 

 

 

 

逆境、覚悟、過去の問題と向き合う、

挑戦、隠れていた記憶が蘇る

 
など
 

 

 

 

 
これまでのままではいけない
 
根本的に変えていかなくてはと
 
内側から何かが目覚めるようだとい方もいるかもしれません

 

現在だと1978年〜1980年生まれの方が
 
そのような配置になっているかと思います
 
 
個人のホロスコープのアスペクトなどにより影響は様々です
 
 
 
 
 
 
 
 

自分のホロスコープでかんたんチェック


 
✔︎月or太陽と冥王星のハードアスペクトがあるか
 
(オポジションがある場合はT冥王星とのアスペクトによりTスクエアになる)
 
 
✔︎N冥王星とT冥王星のあるハウスを確認
 
 
✔︎T火星やT木星がこのアスペクトに加わっているか
 
 
 
 
これらに当てはまる人はそうでない人に比べるといくらか影響があるかもしれません
 
 
 
出生図で太陽や月が冥王星とコンジャンクション・スクエア・オポジションしてる方とそうでない方の中年の危機は異なると思います
 
 
 
その冥王星はどのハウスに入っているのかによっても現場が変わってくるので人によって差があります
 
 
 
冥王星はカリスマ性や底力を発揮する天体でもあるので爆発的なブレイクという
現象を引き起こしたりもする可能性があります
 
「底力を出さんかい〜!」と
 
自己破壊的なエネルギーが働き根本からのリセットになる
 
というのがこのアスペクトのイメージです
 
 
実際に体験されてる皆様はどうなのでしょうか?
 
 
 
 
 
 

 

N冥王星-T冥王星のアスペクト

 

36〜38歳  90度
50〜52歳  120度
72〜74歳   180度
 
 
 
 
 
 
N冥王星とT冥王星が120度になる
 
50代はスクエアでのハードな体験も
 
修復され、物事がスムーズに進みやすいと言われています
 
 
 
 
「中年の危機」って言葉だけだと
 
ネガティブな印象で構えてしまいますが
 
新しく生まれ変わる為に必要なステップである と
 
捉えていればやたらと怖がる必要はないと思っています
 
 
「こう来たか!」に備える貯蓄などはあると良さそうですね 
 
 

 

 

 

  1. ホロスコープ知識

    エッセンシャル・ディグニティとアクシデンタル・ディグニティ
  2. トランジット

    木星×土星▷星の動きを上手に活かす方法
  3. 土星

    2019土星山羊座▷あなたへの影響は?
  4. 天王星

    2019.3.6天王星牡羊座→牡牛座 種まきから根付かせる時代へ
  5. ホロスコープリーディング

    ホロスコープを象徴する チャートルーラーを知って自分の向かう先を知る
PAGE TOP