三重円

プログレスの月:人は2.5年のサイクルで意識の変化が訪れる

プログレスの月 

内面の興味の方向

月に1度ずつ進む

2.5年のサイクルでサイン、ハウスを移動していきます

サインが変わるとき ハウスを移るときは別々のタイミングで行われますので

2.5年の中でも細かなターニングポイントが訪れます

これに年齢域の惑星が変わる、〇〇リターンやトランジットの影響なども考えると私たちは常に変化の中にあるのだということがわかります

 

 

 

 


人は2.5年のサイクルで意識の変化が訪れる


P月だけをピックアップしていくと「人は常に仕事やる気モードのスイッチが入っているわけではない」ということがわかります

2〜3年前までは会社の売り上げを伸ばしていくために残業することも厭わないと精力的に働いていた方も2.5年のサイクルでモチベーションが変わってきます

 

 

10ハウス:活動の頂点 ピーク

このハウスにあるときは仕事で成果を出すことに頑張れます

やる気モードスイッチがオンになっている

 

11ハウス:会社を辞めようかなという考えがチラつく

ここで本当に決断をする人もいれば「副業」や「趣味サークル」「ボランティア活動」など上下関係のない会社以外の活動の場をオフの日に入れることで乗り越える人もいます

実際、T土星が6ハウスに入って仕事が忙しくなってしまい辞めるに辞められません〜という人もいます

 

 

12ハウス:内面と向き合う メディア活動 毒出し 休養

10ハウス時代のような業績を上げることにやる気を出すようなことはなく

仕事を辞めた人は「次、何しようかな」と考える時期です

”家族が居る、家のローンがある”などP月12ハウスを理由に仕事をしないことが受け入れられる人はそう多くないと思います

一時的に体調が優れなくてお休みする期間が出てくる人もいるかもしれません

P新月を迎える前に浄化期間があり、カラダの悪いところがみつかって入院した人もいます

 

体調不良が続いたり、様々な理由で活動が停止するようなときなど

「休みなさい」と言われているような時期は新しいサイクルに生まれ変わる前の毒出しの時期です

 

人間関係のリセット、不要なものを捨てる、続けていたものを辞める、体調不良、内面の様々な感情が表面に出てくる

などはすべてこれから新しいサイクルが始まる前に必要なリセットのプロセスです

 

 

P月が1ハウスに入ったときやP新月を迎えたあとはゆっくりと新たな計画を立てていきます

「可能性の種を蒔く」

色々試してみて辞めても大丈夫です

なんで長続きしないのだろう

自分のやりたいことがわからない

と感じることもあるかもしれません

そんな時はどこかに根付く時期ではないのであちこち出かけて種を蒔いていきます

 

そう考えるとホロスコープがなくても自分の今の状態でどのような時期なのか知ることが出来ます

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 三重円

    プログレスの月が11ハウス▷責任という山をゆっくりと降りていく

    プログレスの月が11ハウスへ  プログレスの月が1つのハウスを…

  2. 三重円

    プログレスの新月は30年に1度の人生の転換期

    人生に何度か訪れる転換期についてホロスコープには三重円というものが…

  3. 三重円

    プログレスの新月前、プログレスが12ハウスにあるときは…

    プログレスの新月を迎える1~2年前プログレスの月が12ハウスに入り…

  4. 三重円

    プログレスを知ると人生の中で休むべきときがわかる

    毎回の記事でも書いているように時代は変わりつつあります▷冥王星山羊…

  5. 三重円

    プログレスの新月図は30年間続く人生の新たな旅の地図

    プログレスの新月を迎えた方は 生まれたときの出生図 + …

  6. 三重円

    2020年の自分の内面のリズムは?

    2020年の自分予測シリーズ①ハーモニクス占星術とソーラーリターンで…

  1. アストロマップ

    アストロマップの読み方
  2. 三重円

    プログレス▷現在の自分、未来の自分を知る一歩
  3. 木星

    2019年▷木星射手座が光を当てるもの
  4. アストロマップ

    アストロマップで世界にひとつだけのパワースポットガイドブックが完成
  5. トランジット

    10.14 牡羊座満月の影響▷活動宮20度
PAGE TOP