時代

山羊座の満月(月食)以降、様々な闇が暴かれていく

2020年12月に水瓶座でグレートコンジャンクションが起こり、ここから風の時代が始まるとされています

現在の星の配置はこれまでの地の時代に行われてきた悪しき習慣を暴露し、組織の古い体制を壊していきます

ここで強いリセット力を持つのが「日食」「月食」です

 

 

7.15に投稿した記事 

7.17 山羊座の満月「闇を暴き、古い体制の社会を新しく改善していく」

 

この満月前後から様々な闇が明るみになっています

月食の影響は約半年間は続きますのでこの流れはまだ始まったばかり

これから闇がある組織ならば様々な真実が明るみになるでしょう

 

▷かんぽ生命の不適切販売

▷日本では報じられていませんが、海外ではジャニー氏の訃報を伝える記事でセクハラを訴える元所属タレントとの裁判に関する件も報道しています

 

▷大手事務所のテレビ局に対する圧力について

大手事務所を退所したタレントたちが民法のテレビに出演出来ない件に関する事務所の力関係

 

▷宮迫さんと田村亮さんによる会見にて吉本の闇ともとれる内容が暴露される

社長の圧力、株主になっているテレビ局との繋がり、真実を隠そうとする、会見を行うならば吉本の用意したQ&Aを練習してLIVEでは行わないこと 

一番の暴露だと感じたのが、闇営業で行ったイベント会社が吉本のスポンサーであった話

「本当はこんな暴露みたいなこと言いたくなかったんですが…」と亮さんは言っていましたが、時代が変わっていくために組織がブラックならば闇を暴き、古い体制を壊していかなければいけません

 

▷真実を報道しないマスコミ

テレビ局が吉本の株を持っていると会見でも話していましたがマスコミも吉本サイドに配慮した報道をしています

吉本に関わらず大手事務所の圧力によって報道されない事実というのがこれまでたくさんあったのだと思います

政治の話、芸能の話、CM…

SNSの時代になり、一人一人が意見を発信出来るようになって影響力を持つ人もテレビ→ネットに変わってきました

スポンサーに配慮して情報操作されてきた時代

真実を伝えないマスコミの体制も解体されていくかもしれません

 

 


 地の時代の悪しき習慣を「解体」する時期


重大な問題が生じた際に権力でねじ伏せるような古い体制を改善しないような組織は闇が暴かれていくこともあるでしょう

 

ドラゴンテイルに土星がコンジャンクション

その側に冥王星があることで膿を出し、無になり新たに再生する

山羊座なので社会的に権力のある大きな集団です

 

太陽は蟹座にあり最後の方の度数を運行中です

ここで22日に蟹座の30度で家族のように感じていた愛すべき組織に全てを捧げ、最終的にその組織に対する嫌悪感のようなものも生まれてくる場合もあります

 

 

 


これからの時代の流れ


旧体制の組織が解体した後には横の繋がりで形成される社会がやってきます

これまで以上に会社を辞めてフリーランスになる選択をする人は増えていくでしょう

芸能人でも今回の騒動がきっかけとなって個人でやっていこうとする流れは強まると思います

その人たちを守るような社会システムも構築されていくと思います

 

未来予測 記事

 

 

関連記事

  1. 時代

    平成時代のトランスサタニアン「冥王星」

     平成1989.1.8-2019.4.30 平成時代のトラン…

  2. 時代

    昭和-平成-令和のホロスコープ「わたしたちの暮らしはどう変わる?」

    令和はどんな時代になる?平成のホロスコープとの違い 元号が変わる…

  3. 時代

    水瓶座の時代とは?

    数年前から水瓶座の時代に入ったとされ…

  4. 時代

    令和はどんな時代になる?平成のホロスコープとの違い

    1989年1月8日から続いた平成という時代がまもなく終わりを迎えます…

  5. 新月・上弦・満月・下弦

    2020がターニングポイント:蠍座の満月で手放すべきもの

    5.19蠍座の満月「愛着のあった場所から離れる準備を始める」 2…

  6. 時代

    木星土星グレートコンジャンクション時代は20年ごとに変わる

    時代の節目を表す木星・土星の合は同じエレメント同士で20年ごとに重な…

  1. 三重円

    AstroGoldで三重円作成が可能に
  2. 四季図

    9.23 秋分図リーディング
  3. トランジット

    ネイタル×トランジットを読むコツ
  4. 新月・上弦・満月・下弦

    2020年4月15日山羊座下弦の月
  5. 職業占星術

    年齢域と共に仕事との関わり方を変えていく
PAGE TOP